ボーナスで衝動的な行動

高校卒業後、面接で受かりました食品工場で社員として約3年程勤めさせておりましたが一番笑ってしまった、呆れてしまったボーナスに愕然でした。24時間のフル稼動で日勤と夜勤の2パターンありまして、当初は初心者ですので日勤で数年、後の数年を夜勤で勤務しておりました。

残業も毎日の様にあり日勤では朝8時半からの勤務でしたが準備等で8時までには工場に入ると言った暗黙のルールがあり、上司でさえ7時半入りでしたのでやはり同じ時間に入るのが鉄則の様な緊張感有る工場でしたので同僚皆同じ時間に入っておりました。就業時間は5時半ですが19時は当たり前で夜勤帯と交代の時間までと、日々その様なフル勤務でしたのでお給料は当時はとても年齢に当たらない金額で有難かったのです。

しかし、段々と年数を重ねて参りますと責任を任せられる立場となり人事異動を指示する立場となり、今まで仲良くしてた同僚、年上のパートさんにも同じ様に伝えなければいけませんでした。本当に嫌われ役を買った事で、仕事以外でも普段から会話をしてた方々とも話せず同じ立場とされる上司と昼食をする事は日常茶飯事で本当にストレスでした。

そんな矢先、上司の理不尽な言葉で私が指示をすべきでは無い事まで、周りに伝えなければいけない、要は上司も嫌われたく無いという事から私をダシに使うという日々もあり、ここでは勤めていくのは困難だと感じてました。入社した頃から私の事を慕ってくれた仲間もパートさんも次第に私の変化を察知し気にかけてくれる様になりましたが、私自身体調管理も難しく休む事もありまして上司からは更なる言動もありました。

それから間もなくボーナスを貰える時期には、まずは笑ってしまったというのが記憶に蘇ります。桁違いに少ないボーナスなんて見た事がなかったからです。前は給料並みのボーナスを貰っていましたが、アルバイト金額の約一万円少々。こんな事あるんだと愕然でした。今までどんなに頑張っても嫌味を言われても頑張ろうと立場的に辞めることを躊躇しましたが、私自身も当時若かったと感じます。ふとした拍子で事務所に出向き、作業中でありましたが退職の旨を申し立て工場を去ったと言う本当にあり得ない行動をとってしまいました。後に工場長よりお話をお聞かせ下さいとの連絡を受け、事務所ではなく近くの喫茶店で何がどうして辞職となったかという経緯を話して参りまして、上司のやり方を永遠と数時間喫茶店で話しましたが辞職を撤回せず言いたい事を言いに行っただけでした。

この先仕事を見つけてはいなかったですが、後戻りは出来ない、するつもりも無い。でも帰り際、悩みました。そんな状況も、両親は時期に私が自宅から出勤しないので心配しまして、大きなお世話ですが私の知らない場所で職場に電話を掛けてたんです。辞めさせないであげてくださいと願い込みをしに事務所まで脚を運んだ事も後に知り、本当にそんな事をしないで欲しいと母に伝え、再度私から事務所に退職の旨は変わらない事も告げ無事の退職となりました。

人生の中でボーナスの金額に愕然な事は初めてでしたし、母の行動も遥かに私の想像を超えてあり得ませんでした。今でこそ笑ってしまいますが当時は腹立たしくて直ぐ行動といった私の性格に、母も心配だったと改めて感じます。ここの職場では派遣社員も雇用しておりましたが時給が高い分ボーナスはありません。ただ派遣社員と正社員の差額知ってる以上、正社員としての立場としてお勤めする努力は欠けていくの事も目に見えて分かっていましたし、自分でも続けて行ける自信はありませんでした。同じ容量の仕事では無いのにお給料が違えば人格も変わる事も自身で感じましたし、全てお金に惑わされるのも本当におかしな話で、ですがお金ががどんなに汚い物でも無いと困るのも確かで、汗水垂らして頑張る意味に格差は関係無いと思います。やっぱり頑張った分のお給料を頂くのはどのお仕事でも同じではないでしょうか。